スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

繰り返す歴史

私の母は今年で71歳になります。

彼女が生まれた翌年、日本は太平洋戦争という歴史的な悲劇の幕を開けた。そして、私の祖父を始めとする幾千幾万の方が命を落とされました。記録によると約330万人と言われていますが実数は計り知れません。
数知れない悲劇の中には、「外道の作戦」といわれた特攻隊というものがありました。賞賛や非難、様々な意見がありますが、彼らは自らの身を捨て、郷土そして何よりも愛する人を守る為に少なからず行動できる事を誇りとして「座して死す」るより「滅びるのを待つ」を潔しとせず、最新兵器によって防御された米国艦隊に突撃されたのだと思います。
そこに日本独特の死生観があったこともたしかですし、強制された事もない訳ではないでしょう。「武人らしく」がたたえられた時代であっても死の間際に恐れ、泣き、身を崩された方もいたのではないでしょうか?しかし多くの方が「他人を生かすために」死を進んで選んだのでないかと思うのです。以前、靖国陣社を参拝させていただき、その傍らにある靖国会館にある様々な戦死された方の遺書や遺品を拝見しそう感じました。そして各も偉大な先達の子孫である事が誇らしく、また、かの英霊たちが望んでやまなかった平和、当たり前の自由が謳歌できる私たちの幸せを、それを当たり前に享受していた自分の不明を恥じ、戦争という悪魔の所行を心から憎みました。

ところがその裏で特攻隊に出撃命令を下した多くの司令官たちはのうのうと戦後の繁栄を謳歌し、死人に口無しを幸いに虚構の自叙伝を出版し、政界や財界に進出していきました。
未曾有の悲劇は、戦争を始めた事より、負けを認めず軍首脳といわれる官僚や政治家たちが国民の悲劇や国の滅亡を目の当たりにしながらも最後の最後まで自分の保身に奔走した事だったのではないかと考えます。

よく軍部の暴走といわれますが、実際に軍部を指揮していたのは陸軍兵学校や大学校を出たエリート官僚たちであり、核心は軍がどうのこうのという前の、国民を顧みない政治家の腐敗とエリート官僚の悪政の結果でしかなかったのです。政治家の腐敗は国民の軍部支持へとつながり、清廉潔白な貧しい農村出身の兵隊を道具に己の欲望を満たした官僚のやりたい放題が悲劇の最大の原因だったのではないでしょうか?
全ての本土以外の海外占領地は連合軍に侵攻され、沖縄戦によってさらなる悲劇を生んでいるそのさなかも、軍の首脳は降伏を…

素直な気持ち

被災地の惨状をいい事に、空き巣を働く輩募金詐欺を企む不届き者 無責任なデマを流す馬鹿 お仕着せの善意を疑おうともしないナルシスト 自分だけはとせっせと買いだめに走りパニックを助長するたわけ
ど・い・つ・も・こ・い・つ・も……………………………
大阪名物ぱちぱちパンチくらわすぞ! どたまカチ割って脳みそちゅ〜ちゅ〜吸うたろか!
私は怒ってます。

東北地震

昨日、東北地方で観測史上最大と言われる地震が発生してしまいました。
まず、被害に遭われた方、またそのご家族や関係者の方々に心からお見舞い申し上げます。
私自身、十数年前の阪神大震災で神戸の長田というところで被災した経験がありとても他人事とは思えず、テレビを通じて流れてくる映像をみて当時の記憶とともに恐ろしさが思い出されました。 当時、まだおなかの中にいた長男が心配で、バイクの後ろに乗せてひたすら安全なところに避難しました。実際にその瞬間には何がおこったかわからず、あちこちから聞こえる爆発音と(山の手に住んでいたので)見下ろすとオレンジ色に明け方のその空が染まるぐらいにあちこちから火の手が上がる様子を見て、「戦争でも起きたのか!?」と思ったくらいでした。 当時は携帯もまだそんなに普及していた訳でもなく、ネットも当然使える状態にありませんでしたから、何がどうなって、どこに行けば水と食料が手に入るのか?日本中が被害に遭ってるのか、どこが安全なのか全くわからず不安ばかりがつのる日々を過ごしました。
そう思うと、今回とてもやるせなかったのは過去の教訓と非難をいかせない民放各社をはじめとした劇場型の報道姿勢でした。必要な情報はさほど提供せず、ショッキングな画をかぎ回るように現地を無用にうろうろし、本当に救助の邪魔になるヘリコプターの騒音を上空の空からまき散らし、被災した方の泣く姿ばかりを執拗に映し、何を伝えたいのか?もしかしたらいい絵がとれたとガッツポーツを安全なテレビ局でしてるのではと思いたくなるような放送ばかりでした。そして、憶測で無責任な発言をひたすら繰り返し、人々の不安を無用にあおるような事ばかりを強調して本当に腹立たしい想いをさせるものばかりでした。さすがにNHKは未確認の情報はできるだけ流さないように配慮してる様子が見て取れ、被災した方が必要になるかもしれない情報をできるだけ丁寧に選んで提供しているようにしていたと思います。
民放のあのような報道をする人々は、職業人としての誇りも倫理観も持ち合わせていないのでしょうか?他局を出し抜くショッキングな映像を垂れ流す事だけが誇りなのでしょうか?
現場では本当に正しく必要な情報を一つでも多く、少しでも早く欲しいのです。そして当事者にとって被災地にずけずけと乗り込んできて、コチラが困っても知らん顔で好き勝手にカメラとマイクを持ってうろつき…

免疫力

昨年末から、牛の口蹄疫、鳥インフルエンザなどによる殺処分のニュースが頻繁に流れています。人間にも花粉症の方には辛い時期がやってきて、あらためて細菌やウィルスと言った人間が生物の一つにすぎずいかに科学を持ってしても自然界の摂理にそうカンタンに打ち勝つ事等できないと言った事があらためて思い知らされるような気がします。
そして、ずいぶんと前から抗菌グッズが身の回りにあふれ、消臭剤や除菌スプレーはどの家にとっても必須アイテムになっていますね。臭いのは嫌、ばい菌はダメ、子供にはとことんワクチンによる予防接種を行い、かたやどんなワクチンも効かない耐性を持ったウィルスも見つかる等、まるでいたちごっこの様相を呈しています。
細菌学や免疫学に造詣が深くないのであくまでも素人考えなのですが、本当にそんな事してていいのかなと思うのです。 人間が本来生存のために、自然界に存在する細菌等から自分の身を守るために備えているのが免疫力です。それは人工的に工場で作られる化学物質ではなく、あくまでも人体の生命力によって作り出されるものです。それは、そういった外敵に触れるからこそ生み出されるものであり、日本人が海外に行ってその土地の風土病にかかるように、その外敵に長年にわたってあらがい続け、生命の危険を乗り越え、もしかしたら何世代にもわたって作り出されるものかもしれないのです。
生物学的に見ると、それは自然界に当たり前にある淘汰であり、その危機を乗り越えられ多種の保存を繰り返してまたその種は危機を乗り越える事ができると言えます。
そうだとするなら、感染の恐れがあるからといって、感染していない家畜も一緒に殺す事で、その可能性をなくしているのではないかと心配します。同じ環境にあって感染しなかった家畜はもしかしたら感染しない何かを持ち合わせるのかもしれないし、その生き残った家畜の遺伝子を連綿とつないでいく事でそんなウィルスがいても共生できる家畜となっていくのかもしれないのです。
きっと鳥インフルエンザなんかは毎年のように感染事例が出てくるでしょう。これから未来永劫いまやっているように大量の家畜を無駄に殺し続けるの?ほんまにそれでええんかいな?とニュースを見て思ったのでした。