スキップしてメイン コンテンツに移動

繰り返す歴史

私の母は今年で71歳になります。

彼女が生まれた翌年、日本は太平洋戦争という歴史的な悲劇の幕を開けた。そして、私の祖父を始めとする幾千幾万の方が命を落とされました。記録によると約330万人と言われていますが実数は計り知れません。
数知れない悲劇の中には、「外道の作戦」といわれた特攻隊というものがありました。賞賛や非難、様々な意見がありますが、彼らは自らの身を捨て、郷土そして何よりも愛する人を守る為に少なからず行動できる事を誇りとして「座して死す」るより「滅びるのを待つ」を潔しとせず、最新兵器によって防御された米国艦隊に突撃されたのだと思います。
そこに日本独特の死生観があったこともたしかですし、強制された事もない訳ではないでしょう。「武人らしく」がたたえられた時代であっても死の間際に恐れ、泣き、身を崩された方もいたのではないでしょうか?しかし多くの方が「他人を生かすために」死を進んで選んだのでないかと思うのです。以前、靖国陣社を参拝させていただき、その傍らにある靖国会館にある様々な戦死された方の遺書や遺品を拝見しそう感じました。そして各も偉大な先達の子孫である事が誇らしく、また、かの英霊たちが望んでやまなかった平和、当たり前の自由が謳歌できる私たちの幸せを、それを当たり前に享受していた自分の不明を恥じ、戦争という悪魔の所行を心から憎みました。

ところがその裏で特攻隊に出撃命令を下した多くの司令官たちはのうのうと戦後の繁栄を謳歌し、死人に口無しを幸いに虚構の自叙伝を出版し、政界や財界に進出していきました。
未曾有の悲劇は、戦争を始めた事より、負けを認めず軍首脳といわれる官僚や政治家たちが国民の悲劇や国の滅亡を目の当たりにしながらも最後の最後まで自分の保身に奔走した事だったのではないかと考えます。

よく軍部の暴走といわれますが、実際に軍部を指揮していたのは陸軍兵学校や大学校を出たエリート官僚たちであり、核心は軍がどうのこうのという前の、国民を顧みない政治家の腐敗とエリート官僚の悪政の結果でしかなかったのです。政治家の腐敗は国民の軍部支持へとつながり、清廉潔白な貧しい農村出身の兵隊を道具に己の欲望を満たした官僚のやりたい放題が悲劇の最大の原因だったのではないでしょうか?
全ての本土以外の海外占領地は連合軍に侵攻され、沖縄戦によってさらなる悲劇を生んでいるそのさなかも、軍の首脳は降伏を許さず本土決戦を全国民に強要し、自分たちは安全な地下壕に避難していたのです。
戦地から遠く離れた場所から現地の人間にこう叫び続けたのです。

「シネ、ハヤクシネ。ソシテオレタチガ、1プン1ビョウデモ、ナガイキスル、ジカンカセギヲシロ。デキレバ、オレタチガ、ジマンデキル、セイカヲアゲロ」

いま、日本の最大関心事は東北地震の被災地の復興と原発事故の成り行きである事は間違いありません。

マスメディアやネットでは、東電職員や自衛隊、消防庁のそれこそ「命をかけた」決死の復旧作業を取り上げ、賛美を送っています。もちろん、何物にも代え難い自己犠牲と使命感を持った方々にはどんな言葉を持ってしても労いのかけらにもならないくらいですし、話を聞くだけで自然と涙があふれてきます。

でも、当の政治家たちがやっている事はどうでしょう?

スポークスマンから発せられる中身は「想定外の」、「前代未聞の」といい訳ばかり。なにかあれば「それは○○大臣の担当で」、「東京電力が」「専門家の判断で」と言い逃ればかり。原発災害に至っては意味の分からない遠回しな表現に終始し、それはつまりこの期に及んで「こういったじゃないか」と後から言われないようにそんな事ばかりに工夫を凝らしている。そのためにかえって国民の間に憶測と不安が高まり情報パニックにまさに陥ってしまっている。
これだけの災害、これだけの死者、これだけの非常事態になっても自分たちの政権の支持率や首相在任日数記録争いにかまけ、人気取りしか頭がないトップとその取り巻き。

現場から情報があがってこないなら自分たちが見に行けばいい。尊い国民の命を失うくらいなら、軽々しく「命をかけて」というのなら放射能に汚染された汚水を自らの手のひらで少しでもすくいあげにいけばいい。ガソリンが無く物資が運べないなら、荷車にガソリン積んで政治家の人海戦術で現地まで運べばいい。死者に本当の哀悼の意を表すのならすっぱだかで三陸沖に飛び込んで、海底に眠る被害者の遺体を遺族の元まで届けてあげればいい。

エリたててコンビニ視察に行くくらいなら私財をはたいて海外から飲料水を大量に買い付けて配ってみろ。街頭に立って稚拙な歌うたって自分の宣伝しながら他人に募金を強制するくらいなら、たとえ1人でもいいから「俺が面倒見ます!」と宣言して自分の稼ぎで他人を救ってみせてみろ。24時間テレビのマラソンよろしく、他人を見せ物にしてギャラをもらって涙ながして善人装うくらいなら自分の豪邸売り払って仮設住宅たててみせろ。

自分は身を切らずに安全を捨てきらず、ボランティアや節電を呼びかけるのも好きじゃない。まず自分がやりたければやればいい。そしてそんな事は他人に言う事でもましてや強制する事でもない。なけなしのパンを他人と分け合う事ができて初めて本当の善意ではないのか?

日本国民のこれからの境遇を考える時、確実に金がいる。自然によって破壊されたものは無償では戻ってこない。再建にはやはり金が必要だ。だからみんなで一生懸命働き、所得を増やし、景気を良くし、その金を捻出しなければ行けない。
一時のお恵みより、震災ソングなんかより、みんなが知恵を振り絞り、汗を流し、痛みを共有し、再起を夢見て働くのだ。多くのものを作り出し、多くの人と接し、労苦をいとわず、時には海を越え世界を相手にビジネスを仕掛けるしかない。

そして、必ずあの事があってよかったなんて言わずに、乗り越えた誇りを胸に秘め、子供たちが未来への希望を胸に抱けるようにしなければならない。先達が私たちにそうしてくれたように。

コメント

このブログの人気の投稿

うれしいこと

昨日、とってもうれしいことがありました。

10年以上、会社を運営してきて、結構上位に入るぐらいかもしれないですね。


事の始まりは、2週間前くらいかな?
ふとしたことから、以前うちの会社の卒業していった社員が、見事カムバックしてくれることになりました。

元々、一緒に仕事してた時は、とても責任感持って仕事に取り組んでいたし、いろいろいい結果も出してくれていました。
その時には、「もっと社会を見聞きしてステップアップしていきたい」という本人の希望もあって、みんなも本人の成長を期待して送り出したのを覚えています。

それから何度かやりとりしたりもしていましたが、たまに見ると、新しい職場で一生懸命、いろんなことにチャレンジしている姿も目にしてました。

そして、本人から昨日、「また、お世話になります!」との一報をもらった時は、大げさじゃなく感無量になってしまって、電話で自分でも何いってるかわからんくらいになっちゃいました(^_^;)

仕事人としてとっても好きな奴なので、また一緒にやれる喜びと、頼り甲斐のあるメンバーが来てくれる心強さと、そして何より、あれから時が経った我々のチームを、今またあらためて信頼してくれたんだっていうことがたまらなく嬉しかったんです。

その気持ちに応えるためにも、むっちゃおもろい仕事させたるでーっと。期待外れやと言われんようにせんとね。

プレッシャーも半端ないけど、自分自身その方が気合がめちゃ入ってます。

今すすめてる事業企画も、これでさらにパワーアップしてスタートできる予感がしてます!!

さぁて、がんばろーっと!!





怠けるということ

プログラマに必要な素養の一つとして、よく言われるのが

「怠惰」

であることが上げられます。

かの有名なクラウゼビッツの戦争論においても、有能な指揮官の類型について以下のように述べられています。

有能な怠け者は指揮官に有能な働き者は参謀に無能な怠け者は下士官に無能な働き者は処刑
よく、プログラマは作業者であったり、職人であったりすると思われがちですが、そうではありません。 特に近頃は、どう書くかと言うテクニックよりも、そもそも「何を書くか」そして「何を書かないか」の最初の戦略がモノを言います。
「車輪の再発明」といわれるように、なんでも頑張って作ればいいと言うものではありませんし、職人の腕自慢ほど自己満足で他人にとってどうでもいいものはありません。 芸術や科学研究ならいざしらず、限られた時間と資源で最大の効果を狙うビジネスのステージにおいては、そもそも目的地に向かうときのプランニング能力の違いが圧倒的な結果の差をもたらします。
その時に、働き者であればあるほど、一生懸命さや、どれだけ動き回るかに価値を置いてしまうのに対して、有能な怠け者は、「横着」をして「最大の効果」と求めます。 いま、当たり前にやってる作業を簡略化できないものか?ん?そもそもこの作業は必要?やらなくて済む方法は・・・・!! 例えば、昨年注目を集めた真田幸村をはじめとした信州真田氏。 栄達の突破口を開いたのは、幸村のおじいさんである真田幸隆という人物でした。
彼はごく小さな山奥の村の、小豪族でしかありませんでした。
しかも、隣接する大きな豪族である村上氏に領地を奪われ流浪の身になってしまいます。
そして、しばらくのち、風林火山で有名な武田信玄が甲斐国(現在の山梨県)から信州(現在の長野県)に勢力を拡大していきました。
次々と信州の小豪族を従えその勢いはとどまるところを知りません。
そして、いよいよ村上氏が立てこもる砥石城と言う城を攻め立てます。
それまで、ほぼ無敵だった武田軍は村上氏相手に大苦戦し、有力な古参の重臣たちまでも戦死するほどの大きな痛手を負う始末。
それでも武田軍は攻める手を緩めることをせず、被害は広がる一方で
家臣たちがあの手この手を使って奮戦しますが、堅固な砥石城を攻め落とすことはできなかったのです。
そこへ現れたのが、領地を奪われ流浪の身となった真田幸隆でした。
彼は、砥石城にこもる旧知の仲間を頼りに、…

オープンにすること

早いもので、な〜んにも構えもせずに新卒でIT業界に飛び込んで○○年になろうとしています。
社会人になる覚悟すらまともにできてなかったし、今のように企業研究なんて、自宅に送られてくるDMながめるくらいが関の山。 さらに、同期が会社訪問だ〜、面接だ〜と走り回ってる頃には、高校の教育実習に行ってましたしね。
時は流れて、平成も終わろうとして、私たちの年代は3年号またぎを達成予定です。これって結構すごいこと?あ、でも大正生まれなら4年号またぎですね。
と、世の中も昔とはず〜いぶん変わって、ビジネスのスタイル、ITを取り巻く環境も、インターネットの出現によって大変革を遂げました。
「情報革命」と言われ、18世紀の「産業革命」に匹敵するくらいの社会構造の変化をもたらしたとも言われる、その真っ只中に私たちはいるわけですね。
とりわけ、情報のオープン化は顕著な変化です。
情報伝達速度が桁違いに速くなり、それとともに単位時間当たりに私たちが処理しなければいけない情報量もますます増えていくでしょう。さらにこれからは仮想現実が身近なものになるでしょうし、まさに空間そのものが、我々の想像を超えた、別次元のものになっていくに違いないでしょう。
おっと、話が大きくなりすぎました。。。。。
もう少し、身近な視点にズームしてみましょう。
企業においては、いま、情報ガバナンススキルがマネジメント層に求められています。
情報のオープン化にともなって、これまでなかった脅威やリスクに企業が晒されるようになりました。ネットでの炎上、個人情報の流出、ハッキング、コンピュータウィルスなどなど。さらには、個々の企業の中に閉じ込められていた過酷な労働環境が次第に公開され、「ブラック企業」なる言葉が日常の会話で交わされるようにもなりました。
経営リソースとしての「情報」が曖昧なものでなく、独立した資源として認識されたのです。
独善的な経営層にとっては脅威ですが、多くの企業は、そのガバナンススキルを重要視し、情報のオープン化に耐えうる資質を自分たちの中に求め、鍛え上げ、さらにそれを糧として、激変する市場での戦闘力に昇華させています。
私たちのビジネスの本質は、まさにそういった企業の良きアドバイザーとして、寄り添い、手を携え、共に喜び合う事なんだと思います。
だからこそ、私たちに技術力に対する妥協があってはいけないのです。